読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サバゲーとの出会い、そして就活へ

こんにちは

 

就活生Nです。

 

 

 

 

 

今日は私の人生を変えたサバゲーについて書こうと思います。

 

そもそも、みなさんはサバゲーというものをご存知でしょうか?

サバイバルゲーム、おもちゃの銃を使ってBB弾を飛ばして遊ぶ。

 

こんなシンプルな遊びです。

今の子たちはBB弾というものさえ知っているか怪しいのでしょうか。

BB弾、プラスチックなど固い素材で作られた直径6mmくらいのボールです。

 

サバゲーは、フィールドと呼ばれる特定の敷地に集まった人同士でおもちゃの銃を使ってBB弾を当てながら、ゲームの勝利条件を獲得しにいくというものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで、私がこの遊びを始めたのが2年前の6月ごろです。インカレサークルの友人Yがサバゲーフィールドに連れて行ってくれて、初めて迷彩服というものを着ました。

 

初めてゲームをしたときは、まったく何をしていいのやらわかりませんでしたので、経験者の方にはすごいご迷惑をおかけしたのだろうと想像します。

 

それでも、はっきり言ってその空間がとても居心地がよく、エネルギーにあふれていたので、長年連れ添った野球から離れてしばらく楽しみを欲していた私の心は100%サバゲーに向くことになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

私の行きつけのフィールドは某A社A店という、サブカルの中心地にある場所だったのですが、決して安くない参加料を払って毎日のように通っていました。

 

それこそ、夏休みはほとんど毎日のようにいて、いつの間にかフィールドのスタッフさんたちやフィールドによく来る人と仲良くなっていました。

 

同じ趣味の友人が増え、今までは非日常だったものに日常的に身を投じていることにも面白さを見出していく中で、どうやらこのフィールドに『神様』がいるらしいという話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この『神様』とその使徒たちとの出会いは、実は私の就活における考え方の一部を構成することになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*タイトルと中身が合ってたり合ってなかったりするのは、私の文才のなさです。すいません

 

 

 

 

はい、では今回はこの辺で。

次回予告

「神様との出会い、そして極地へ」