神様との出会い、そして極地へ

こんばんは

 

 

就活生Nです。

 

 

今日は、(私が思うに)関東サバゲー界の『神様』との出会いについて少しお話ししようと思います。

 

それは夏休みが終わって10月頃でした。

行きつけの某A社A店で、ある日こんな話を聞きました。

 

 

 

「今日は神様が来るらしい」

 

 

 

その話を聞いた私「誰やねん…?」

 

いや、ほんとに。普通はこうなるでしょ。

その日のゲーム休憩中、スタッフの方がこっそり教えてくれました。

 

その方を見た時の私「神様?」

 

何故その方が神様といわれているかについては、出会った人にしかわからないと思います。

サバゲーを始めて数か月の私にとって、神様のプレースタイルは、衝撃的でした。

 

 

 

 

 

「とにかく目の前にいるプレーヤー(敵味方問わず)は死ぬ」

 

 

 

 

これ以外に的確な言葉はないでしょう。

 

その日以来、私はどうにかしてそのスタイルを身に着けようと家で銃を構えたり、傘で練習してみたりと、試行錯誤を重ね、入ったら出ることのできない部屋の扉を開け、突き進んでいくのでありました。

 

 

 

 

そして、神様と衝撃的な邂逅を果たした私は、まったくどんな因果か知りませんが、神様に連なる「神の使徒たち」や「魔人」のような人々と次々に出会うことになります。

 

サバゲー人口の大半は社会人ですので、彼らもまたほとんど全員が社会人です。

そんな中、当時大学2年生の私は見も聞きもしなかった世界のおぼろげな形を、徐々に知っていきました。

 

サバゲーというと、あまりフレンドリーな人がいない印象を受けるかもしれませんが、そんなことはありません。

「使徒さん」や「魔人さん」と呼ばれる人(私が勝手に使っているだけですが)は、総じて私にフレンドリーでした。(これも裏話があるのですがそれはまたいずれ)

 

「使徒さん」や「魔人さん」の情報を聞いていき、新たな場所で新たな人と出会い、つながりを深め、いろんなことを考えているうちに、ふと思ったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「そうだ、サバゲーの会社で働こう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こうして、私の就活物語プレイバックは中盤戦へと入っていきます。

 

次回

サバゲーフィールドで働いてみた」

サバゲーとの出会い、そして就活へ

こんにちは

 

就活生Nです。

 

 

 

 

 

今日は私の人生を変えたサバゲーについて書こうと思います。

 

そもそも、みなさんはサバゲーというものをご存知でしょうか?

サバイバルゲーム、おもちゃの銃を使ってBB弾を飛ばして遊ぶ。

 

こんなシンプルな遊びです。

今の子たちはBB弾というものさえ知っているか怪しいのでしょうか。

BB弾、プラスチックなど固い素材で作られた直径6mmくらいのボールです。

 

サバゲーは、フィールドと呼ばれる特定の敷地に集まった人同士でおもちゃの銃を使ってBB弾を当てながら、ゲームの勝利条件を獲得しにいくというものですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それで、私がこの遊びを始めたのが2年前の6月ごろです。インカレサークルの友人Yがサバゲーフィールドに連れて行ってくれて、初めて迷彩服というものを着ました。

 

初めてゲームをしたときは、まったく何をしていいのやらわかりませんでしたので、経験者の方にはすごいご迷惑をおかけしたのだろうと想像します。

 

それでも、はっきり言ってその空間がとても居心地がよく、エネルギーにあふれていたので、長年連れ添った野球から離れてしばらく楽しみを欲していた私の心は100%サバゲーに向くことになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

私の行きつけのフィールドは某A社A店という、サブカルの中心地にある場所だったのですが、決して安くない参加料を払って毎日のように通っていました。

 

それこそ、夏休みはほとんど毎日のようにいて、いつの間にかフィールドのスタッフさんたちやフィールドによく来る人と仲良くなっていました。

 

同じ趣味の友人が増え、今までは非日常だったものに日常的に身を投じていることにも面白さを見出していく中で、どうやらこのフィールドに『神様』がいるらしいという話を聞きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この『神様』とその使徒たちとの出会いは、実は私の就活における考え方の一部を構成することになったのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

*タイトルと中身が合ってたり合ってなかったりするのは、私の文才のなさです。すいません

 

 

 

 

はい、では今回はこの辺で。

次回予告

「神様との出会い、そして極地へ」

今までやってきたバイト

こんばんは。

 

就活生Nです。

 

今日は今まで私がやってきたバイトについて紹介したいと思います。

 

高校生までは家庭の事情でバイトができませんでしたので、大学生になって初めてバイトを経験したんですね。

どんな業界について触れてきたのかというのを見てください。

 

・小学生・中学生向け個別塾講師(半年間)

単に、小学生のころ通っていた塾から講師バイトの手紙をもらったので始めました。

意外と面白くて、子供たちが成績を上げて喜ぶ顔を見てると、自分がそうだった時のことを思い出して、こういう仕事も悪くないな、と思いました。

 

・地元の個人経営の飲食店(半年間)

これは偶然街を歩いていて、ふと目に留まったのでやってみました。飲食は大変だ、と感じたのはこの時が初めてでした。常連さんや友人が来店すると結構嬉しかったりしました。

 

・高級ホテルのボーイ(約1年間)

「何か給料の高い仕事がやりたい」と思い、探し当てたのがこちらです。最初は派遣会社で登録して働いていたのですが、あるとき社員に声をかけられてきちんとバイトとして見てもらえるようになりました。

多少英語が話せたのと、前職で培った客への対応速度や臨機応変さを買われたのかなと思っています。あとは、ホテル業界は社員・バイト関わらず出入りの激しい業界ですので、そんな中で続けていた私のことをいいように使いたいという思惑もあったかもしれませんw

このホテルでは、何日、何時間勤務しようが自由なので、一度だけ長期休みを使って午前7時入り午後11時上がりのシフトで1か月26勤務というのをやったことがあります。さすがに仕事に慣れてきたとはいえ、人間知らないうちに疲れが影響してくるんだな、と感じたのはこの時が初めてでした。

 

・試験の採点官(3か月間)

これは、友人が金に困っていたので探していたところ見つけたバイトです。時間対給料が非常に優良だったので、私も少しだけやることにしました。あまり面白くはなかったです。パソコンの前にいるのがこんなにも苦痛になる日が来るとは思ってもいませんでした。

 

・大手チェーン飲食店(1か月)

これはもう何も言わずともわかると思います。大手であればあるほど中身がすごいと感じました。

私の就活の軸に大手企業というのが入っていないのはこのバイトのおかげだと思っています。

 

サバゲーフィールドスタッフ

これは、ちょっと長くなるので次回に回しますね。

ただ、このバイトは今まで紹介してきたバイトの中でもトップを争うくらい面白かったです。

 

さて、次回の予告

サバゲーとの出会い、そして就活へ」

浪人と大学生活

こんばんは

就活生Nです。

今日は、私が就活に意識を向けるきっかけになった出来事を2つ、軽く説明します。

では早速。

私は一貫と言われる形態の中学高校に通っていて、それなりにお勉強をさせられました。目指せ国立、目指せ東大、といった感じと言って察してください。

そんな中で私は落ちこぼれも落ちこぼれでして、あえなく浪人生となったのです。

ここできっかけの1つ目。

予備校として選んだO校で、色んなバックグラウンドを持った同期に出会いました。今思えば変な奴らばかりでした。

本当に頭のいい奴らですので、私は同じグループにいて場違い感をかなり感じていましたが、彼らは邪険にすることなく付き合ってくれました。今では一番仲のいい友人たちです。

そんな彼らと1年間そこそこ勉強し、無事にそれなりの名前のある大学に入ることができました。

ここで学んだのは、やりたいことをやり、やりたくないことはやりたくなるように考えるか、どうしても無理なら他人に任せる、といったことです。

最終的に決めるのは自分ですが、他力本願は大いに結構。そのためにも、何かに突き抜けて行こうとするマインドが必要だということです。

さて、浪人した者の定めかは知りませんが、私の一歳下の子らと話を合わせるのはとても大変でした。しかも、変に頭のいい奴らの考え方やらを、これまた変に吸収してしまったが故に、なんとなく違和感を感じてしまうのです。

それは相手も感じていたようで、私の周りにはなかなか学内で友人と呼べる者はできませんでした。

ここできっかけの2つ目。

そういった理由で、私はほとんど誰にも干渉せず、また干渉されずに自分の自由な時間を沢山作り出すことができました。

それでできた時間を、様々な趣味になりそうなものやバイトに費やすことで、私の世界は思った以上に広いし、狭いということを知りました。

そして、私はそんな世界で何をして生きて、死んでいくのか、そんなことを考えはじめました。

きっかけの1つ目とも重なりますが、どうせ先がわからない人生ならば、やりたいことをとことんやろう。そう思い始めたのでした。これが、今思うと就活に意識を向けた瞬間だったのかもしれません。

はいはい、今日はこんなところでやめておきましょう。

そんで明日の予告

「今までやったバイト」

Lv.18卒生による就活攻略

こんばんは

 

就活生Nです。

今年はついに大学4年生、就活真っただ中であります。

 

そんな私は、次の世代の参考になるかもしれない私なりの就活攻略を今から書いていこうと思います。あほかな?

 

一応、自己紹介を。

 

就活生N

年齢:22

都内私立大学3年生

住まい:23区

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味:サバゲー

 

 

 

 

この話は私が就活なるものを意識し始めた時から、

ダイジェスト的に現在までを振り返りながら

じゃあ今はどんなことを考えてんの?というのを書いていきたいと思います。

 

明日の予告

「私の今まで1~浪人決定と大学生活~」